窮すれば通ず

行き詰まってどうにもならないところまで来てみると、ひょんな切っ掛けで、案外打開の道が見付かるものだ。

みはし アトレ上野店、駅から徒歩30秒のアトレ上野にある穴場的な甘味処

上野の老舗甘味処「みはし」がアトレ上野内にもあります。
みはし アトレ上野店は本店に比べたらコンパクトなつくりですが、本店、東京駅店に比べると比較的空いており穴場的な店舗です。

店内も静かで1人で休憩している女性客も多くいます。
みはし店員さんはよく気が付いてくれる方ばかりで、お茶のお代わりも先に気づいて持ってきてくれます。

またオーダーしてからあんみつが提供されるまでの時間が驚異的に早いです。
今頼んだばっかりなのに、もう?って思います。

また上野のお店だからこそですが、動物園または展覧会のチケットを注文時に提示すると白玉2個のトッピングサービスがあります。
逆に展覧会の割引クーポンを配布していることもありますので、展覧会の前に行っても後に行ってもお得です。

定番のあんみつは570円。
季節のあんみつはフルーツクリームあんみつで910円です。

みはしのあんみつといえばあっさりとした黒蜜ではないでしょうか。
黒糖が主張しない蜜なのでサラリと食べることができます。
あんこもあっさりとしたこし餡、寒天も海藻臭さのない上品な味です。

全体的にさっぱりとしているので「あんみつは重いかな」と思っている方に是非試していただきたいです。
1回行くとまたすぐに行きたくなってしまうのが、みはしの魅力です。

店名:みはし アトレ上野店
住所:東京都台東区上野7-1-1 アトレ上野 1F 七番街
電話:03-5826-5879

台東区蔵前、チョコ好きさんのオアシス!ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前

サンフランシスコ発のBean to Barチョコレート店『ダンデライオン』。
蔵前店は日本国内での第一号店です。

最近ではクラフトの街に変貌し、センスのよい店舗が増えた蔵前ですが、こちらのお店も、新たな街並みに花を添えるような佇まいを感じます。

ダンデライオンを初めて知ったのは、差し入れとしてチョコレートバーを頂いたことがきっかけでした。
高カカオであることは勿論のこと、乳化剤などの添加物も一切使わず、原材料はカカオとオーガニックのきび砂糖だけ。大変贅沢な仕様なのです。

雑味など一切なく、バーによってカカオの香りの違いがハッキリとわかるではないですか。
無類のチョコ好きの私は、思わず悶絶。
どうしてもお店に行ってみたくなり、足を運びました。

ダンデライオン店内にはお洒落なカフェスペースが設けられており、これまたこだわりのコーヒーや、チョコレートドリンクが味わえます。
私はチョコレートドリンクを注文しましたが、ココア類として、こんなにも後味のすっきりとしたドリンクがあるなんて驚きました。

無駄な甘さもありません。
連れが頼んだコーヒーも、一般のカフェの商品よりもずっと美味しかったです。

ちなみにカフェスペースには、若い人がいっぱい。
ダンデライオン店員さんもちょっと気取った雰囲気で、ツンツンとしている方が多かったので、不惑を過ぎた我々にとっては、場違いなのかな?と感じ、持ち帰りにすることにしました(苦笑)。

とにかく、ダンデライオンはチョコもドリンクも絶品です。
だけど、その分お値段は高め。チョコレートバーは、一つで約1000円。

100円の板チョコが一番おいしい、Bean to Barって何ぞや?という人へのお土産にはあまり向かないかもしれません。

一方で、チョコ好きの方へのプレゼントならば、満足すること間違いないでしょう。
ダンデライオンはオンライン販売もしていますので、自称チョコ好きの人は、ぜひ一度お試しを!

店名:ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前
住所:東京都台東区蔵前4-14-6
電話:03-5833-7270

世田谷区尾山台を代表するスイーツ店、「オー・ボン・ヴュー・タン」

よく街中のケーキやスイーツなどの人気店などは「甘さを程良く抑た…」といった文言を目にしたりします。
確かに我々日本人は基本的には、やや薄味が好まれる傾向が「その道の通」といった風に思われがちです。

もちろん、あながちそれも間違っていないとは思います。
しかし、この店の出すスイーツは直球です。

しかも剛速球にして繊細で、なおかつ重くずっしりとしているのが、「オー・ボン・ヴュー・タン」です。

オー・ボン・ヴュー・タンのスイーツはいわゆる「プロ仕様」だと思います。
色んな店を経験した果てにたどり着く所だろ思います。
なので子ども向けではないような気がします。

クッキーのような焼き菓子もかなりオススメなのですが、個人的にオー・ボン・ヴュー・タンで一番好きなのがシュークリームです。
これほどまでに濃厚なシュークリームをかつて出会った事はありません。

近年では「…あぁ、『オー・ボン・ヴュー・タン』のマネっぽいな…」というのも出くわしたりもします。
しかし、オリジナルの濃厚さ、もはや「妖艶さ」と言っても過言ではないクオリティには、程遠いです。

是非、じっくり味わって楽しんでもらいたい逸品です。

店名:Au Bon Vieux Temps(オー・ボン・ヴュー・タン)
住所:東京都世田谷区等々力2-1-3
電話:03-3703-8428

ボーピープ Bo-peep、吉祥寺にあるケーキプレートがおすすめのケーキ店

店名:ボーピープ Bo-peep
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-35-17 吉祥寺ビル1F
電話:0422-21-7747

ボーピープは入り口は小さく探そうとしないと通り過ぎてしまいます。
座席はカウンター席が5人、テーブル席に6人座れます。

今はコロナで人数制限があります。
こじんまりとした喫茶スペースで落ち着いて過ごすことができて、1人でも入りやすいお店です。

ドリンクやケーキ、マフィンやスコーンなどは持ち帰ることもできます。
紅茶の茶葉も販売しています。

ボーピープのオススメはケーキを2つ頼むとアイスクリームとプチ焼き菓子をサービスでつけてもらえるデザートプレートです。ワンドリンク製のため、予算は1500円程度になります。
ケーキは甘すぎず2つでもするっと食べることができます。

ドリンクも佐賀県嬉野市の有機栽培で作られた紅茶や、様々なハーブティー、ハーブジュース、夏には自家製シロップのソーダなど心惹かれるメニューがたくさんあります。

ボーピープは食事メニューもあり、ミニサラダ付きのトマトグラタンやキッシュ、サンドイッチなども食べることができます。
ホームページに載っているメニューだけではないのでぜひ足を運んでいただきたいです。

ボーピープはホールケーキなどのオーダーも受け付けています。

大阪府高槻市にあるドエル 富田北店は手頃で美味しいケーキ店

店名:ドエル 富田北店
住所:大阪府高槻市富田町1丁目8−24
電話:072-693-7366

ドエルは、最寄りの駅から徒歩5分ほどで行けるところにあるケーキ屋さんです。
駅から近いと言う立地の良さと、手頃なのに美味しいと言う味の素晴らしさで、地元の人からとても愛されているお店です。

私も、友人が来たときに一緒にドエルに行って買ってみると、どのケーキも、300~400円台なのに、とても美味しく、種類も豊富にあるために、友人が来る度に一緒にケーキを選びに行き、毎回どれを食べようか悩んでいます。

私は、チョコ丸という、チョコレートのロールケーキの中に、イチゴが大粒のものが入っているケーキが好きなのですが、何度食べても飽きることなく、いつも美味しくいただきます。

一度、ドエルで子どもの誕生日ケーキを予約し、自宅に届けてもらうと言うサービスをしてもらったのですが、ケーキも美味しかったですし、お花もプレゼントがあったり、ケーキの入っている箱は、お誕生日にピッタリの音楽が流れると言う仕掛け付きでとても嬉しかったです。

ドエルは、味もサービスも接客もしっかりとされていて安心して食べられるケーキなので、これからも通っていきたいなと思えるお店です。

手頃なのに美味しいとなると、いつもお店はお客さんで賑わっています。